らき☆すた 巡礼騒動(まとめサイトではありません・電話確認のみです)

※まとめサイトではなく、あくまで個人的なモノです。 7/24の「電話での確認」のみでそれ以外に行うことは無いと思いますのでご了承願います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿:自信を持ってらき☆すたと舞台の本来の魅力を守りたい/問題提起・意図的に拡大したブログへの指摘

コメント置き場:コメントはこちらにお願いします。のコメント2007/07/27(金) 08:59:45 | | - #で書かれていたモノの公開許可がおりましたので公開します。判断は各自でお願いします・・・
(筆者さまへ、掲載後修正がありましたら上書き掲載しますのでお知らせください)





自信を持ってらき☆すたと舞台の本来の魅力を守りたい


 らき☆すた舞台モデルの一つ鷲宮町における、いわゆる聖地巡礼(うちのサイト・本ではあえて使っていない表記ですが) の問題について、あえて先陣きって現地取材をさせていただいた私の見解・意見を、火元となったブログへの私のレスを元にまとめていこうかと思います。(9月発行予定の新刊にも収録予定)
 ※舞台モデルの一つ鷲宮神社を訪れたファンの掛けた絵馬及び現地でのマナー、地元への不安感の指摘について一部ネット上で議論が紛糾した問題。(2007年7月現在)

 らき☆すたファン(オタク一般)に自重と礼儀を呼びかけ、らき☆すた本来の良さを損なわず住民の方・作者様・アニメ製作サイドにご迷惑をおかけしないようにするのがファンの義務であろうというのが当サイトの趣旨です。

  「らき☆すた」の作品内容そのものに関しては問題となるような性表現も暴力表現もなく、日常のちょっとした幸せの共感を魅力的なキャラクターと共に楽しむのが趣旨の漫画です。 
良心的なファンが多いと確信しております。 私は大好きなこの作品がせっかくの魅力的な舞台、製作サイドの地元贔屓の意図をファン自らの態度で台無しにしてしまう悲劇と、他のもっとはっきりした倫理問題に絡む作品よりも槍玉に上がる悲劇を心から避けたいものと思います。(オタクの人権等を主張する気は一切ありません)
  まだけっして遅くはありません。

 [> 2007/07/23投稿分

 [> 舞台紹介を発行した意図(準備中) 

    この動き自体は避けられないと予測し、座して放置するよりはあえて正解を載せることで方々探し歩くファンが不審に見られる危険を減らし、先手を打って注意喚起する対策をとりました。


 [> 時系列(準備中)

 問題提起した久喜市(隣の市)の市民のブログ (注:自治体公式ではなく個人)
  ・久喜市及び周辺町村の情報 のブログとのことだったのですが・・・
   私は指摘を受けこれを機会に態度を改めよう訴えるのを決めましたが。残念ながらブログ管理者側は中傷的な動画リンクなどむしろ問題を拡大する方向に。それが大人気ない対応に見られたので、あえて批判を書かせていただきました。実はこのブログには意図が・・・・
  さくっと削除されましたが
 [> 2007/07/26投稿分 
 
この時点でこのブログに書くのはやめました。書いても肝心の当事者、鷲宮町民に伝わらないのがはっきりしたからです。

 最新の新聞(産経)での扱い

  ・はずかしいオタク側の取材もしっかりしていますが、神社側の大人な対応、解説も丁寧で、むしろネット上で表に上がってこない地元鷲宮町民・商工会側の前向きな意見も取材されており、他のサイトよりも実情に踏み込んでいて驚きました。さすが産経。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070725-00000925-san-soci



 2007/07/24投稿分(一部表記修正)
 
-まずどちらも批判すればいいものと思わないでほしいです;-

 あまりのコメントの量にいまさら意見を書きにくかったですが、
放映開始の4月の時点からこれを危惧していた一人なのでこのピリピリした空気に落ち着いて欲しく、長文ですが書かせていただきます。

 私は熱心な「らき☆すた」原作からのファンでありますが、歴史・宗教的に神社本来の由来も知って礼儀正しく参拝するのが日本人として常識だろうと思います。
 騒いだり、客観的にご迷惑かけそうな入り浸ってなにやら話すという行動は、たとえ自信があっての応援活動でも、マナーを意識しなければ周囲にはいらぬ誤解を現にこのように与えてしまい、互いの不幸になります;

 治安に見た目の雰囲気と言うのはけっこう重要です。言い分はあるが郷に入っては郷に従え 
正当化して主張すべきところではなくおじゃましていますという謙虚さが必要です。

 アニメに限らず作品の舞台を実在の場所にすると言うのは、演出的な面では風土・生活感が生き生きと出てくるのです、そのあたりはこの製作会社の上手いところです。 空想の世界で作られたものばかりを見ているよりは、本物の風景と触れる機会が得られるのは本来良い影響を受けると思います。
 
マナーの点では悪い人は批判されて当然、それはきっかけに関係なく。(富士山-富士五湖地方出身なのでオタクでもなんでもない一般観光客のマナー悪化についても存じています、近年やや向上?)

 幸手の権現堂にしろ鷲宮神社にしろ、埼玉に縁の少ない自分も
らき☆すたをきっかけに良い場所を訪れさせていただきました。


「訪れるファンへ」
 良心的らき☆すたファンでいられるよう、訪れる自分達の姿がらき☆すたファン(ひいてはオタ)の姿そのものとうつることになるのを意識して、なんにしても自重しましょう。 
原作・アニメ製作サイドにとってもこれはリスクを考えてそれでも使った表現なのですから我々がそれを貶めることになったらどんなに情けなく悲しいことか。
 私も3回ほど参拝させていただきましたが、絵馬は自粛していました。いつか落ち着いた頃に素朴なものを書かせていただきたいとは思いましたが。「~~~は俺の嫁」とかは、ほんとにファン側からしても作品のためにならないので自重してほしいと思います。
イベント会場ではないですから; (気持ちはわかるけど!)
 
それでも許容してくださっている懐深い神社に頭が下がる次第です。


「地元の方へ」
 誠に申し訳ありません。同好の者でも境内でビニールシート広げて撮影・弁当・騒ぐ、本・パンを置いていったと言う行動が事実なら(今は荒らしも多くネットの書き込みだけでは検証できませんが)オタクかどうかではなく他人に配慮する常識の問題です;出来るなら追い出してけっこうです。 ただ地域社会と治安・景観を守るのは当然のことでありますが記事にあるような「皆さんの協力」も、皆で警戒して排除すればと言うものにも出来ないのは、ここの書き込みでもわかるかと思います。 
オタクに限らず若者はいろいろバカをやってしまうものというのは考慮に入れてください、注意して当然だし過剰に偏見で固めるものでもありません。
 
実際問題としては今年9月の放映終了後やや落ち着いて、来年(今ある絵馬も燃やしたあと)以降はブーム的に訪れた層はかなり減ると思います。
 個人的に一つ強調したいことは この、らき☆すたと言う作品そのものは昨今のアニメ・漫画だけでなく倫理の失われてきた表現・報道の風潮を考えれば、
内容はだいぶ良心的な部類だということです。良い形での理解を得る機会を損ねてしまったのは残念です。


「ブログ管理者の方へ」
 事を荒立てないと言うのも不安を煽らないコツなので、今から秋にかけてがピークになるのは明白ですが、アニメにはブームがあり9月には放送終了。長期的に考えれば問題として拡大させずに落ち着かせられると思います。人はたたかれるとムキになりいらぬ対立が生まれるのは悲しい事です。 八坂祭の自治体ごとの連携など良い雰囲気でした地域の世代間を結ぶ活動は大事なのでがんばってください。


「蛇足」
 御祭神の古事記・国産み~国譲りに関わる神々 東国に移り住んだ出雲の人々(東国の国造=知事になった一族も) 正史で語られていないが、遺物・史跡から読み取れる歴史分析は近年盛んです。 最近の日本史研究で読んだものでも豪族ひしめく西日本での大和政権の中央集権化に、天皇政権への東国からの支持が基盤になっていたのではないかというものが興味深かったです。蘇我氏の発祥が素鵞社(=スサノオの社)の流れつまりは東国から戻った出雲族の再興だったのではないかと言う仮説もあり、大胆ではありますが考える価値のあるものと思いました。
 私はこういう歴史研究の点でも関東最古の大社であり、出雲の神々をおまつりし神話が受け継がれて現存している
鷲宮神社の価値はとても大きいと思います


 秋ごろ自費出版(所謂、同人誌)で巡礼については注意喚起と そのあたりに踏み込んだ らき☆すたの本を作れればと考えるオタクもここにいますw;







問題提起・意図的に拡大したブログへの指摘


 久喜市及び周辺町村の情報 のブログとのことだったのですが・・・
もともと鷲宮の話題が不自然なほど多かったのに合点が行きました。

 私はらき☆すたファンでこのブログでの指摘を受けこれを機会に態度を改めるよう訴えるのを決めました、町民の不安を煽るような事態を避けたいと。

 が、残念ながらブログ管理者様側は必見!と注意を促す前に中傷的な動画リンクなど、むしろ町民の事を考えるよりも問題を拡大する方向に。大人気ない不誠実な対応と見られたので、あえて書かせていただきますが(公正を旨とする情報サイトではないのを前提に見てもらうため)、久喜市側への鷲宮町吸収合併を前提に各種記事を書いているのが大変目立ちます。

 和歌山の方が合併問題について何度か書いてくれていますが、過去鷲宮町での住民投票では賛成多数でしたが久喜市では反対多数と言う結果だったらしいので鷲宮町側の視点に立っても久喜市との友好度は高いのだろうとは受け取ります。
 前向きな合併活動自体はよいです。このブログでも度々鷲宮の素晴らしさを強調されてます。しかしその記事を外の者が見ても吸収合併意識ばかりが前面に出ていると見られてもしょうがない良くない表現かと思います。

「このような素晴らしいものなら住民投票は必要ないと思う。また議会を尊重する意味でも住民投票は必要ない。」 「これは鷲宮町が将来「」になるような素晴らしさを持っているということなのだろう。しかし、その頃には久喜市の一部になっているに違いない。」等 (※過去の周辺自治体と合同の合併協議では新市名の検討がされていた)
 鷲宮町長の合併への見解に
「名前にこだわらないという見解をも示しており、大変大変素晴らしい考え方であると評価をできる。」と書いており、町長のリスクを承知での決断は評価するべきものですが、やはりここの書き方も久喜市側の利己視点に見えてしまいます。
 市民ニュースへのリンクも「埼玉県久喜市にある鷲宮神社に」との表記で、やりすぎです!
 6月の「素晴らしい相乗効果」の項でも
 久喜市が鷲宮町を吸収合併したらら、どれだけ素晴らしい相乗効果がでるかを考えることは非常に容易である。と持ち上げつつも鷲宮での開発競争の良さは書いてあって、合併が久喜に有益なことはわかるが鷲宮町にとっての利点が見受けられない、これだけでは相乗効果と書く記事に見えないです。もちろん規模の大きい久喜市側の恩恵は何らかの形で鷲宮に行くことになるでしょうが・・・。

 
反対票の多かった久喜市民へ鷲宮の素晴らしさを訴えかけて合併を推進していくサイトと言う趣旨は十分わかりました、それ自体は根拠のある活動なので否定しませんが、ともに歩んでいく確固たる歴史・伝統・持ち味をもつ自治体の意識に、書き方は是非ご配慮ください。
 らき☆すたをきっかけにですが、鷲宮の固有の歴史・文化に触れその魅力を知った私にはここの文だけを読んでいると久喜が嫌いになってしまいます;;


最新の新聞(産経)での扱い
 はずかしいオタク側の取材もしっかりして
治安への不安を募らせる面もあると記述している。が、しかし神社側の落ち着いた大人な対応、神社そのものの解説も丁寧で、むしろネット上で表に上がってこない地元鷲宮町民・商工会側のブームを生かす方策が検討されているという前向きな意見も取材されており、他のサイトよりも実情に踏み込んでいて驚きました。オタクはこれに増長せず、問題となってしまってた事を反省し謙虚な心で参拝させていただくのがいい方向だと思います。


 私は今後も らき☆すたファン(オタク一般)に自重と礼儀を呼びかけ、らき☆すた本来の良さを損なわず
住民の方・作者様・アニメ製作サイドにご迷惑をおかけしないようにするのがファンの義務であろうというのを主張していくつもりです。

 すでに警告としては発せられました。後はいたずらに町民・市民の不安をあおることはためにもなりませんし、理不尽に訪問者を叩くようなことでもなく、前向きな町・市の発展のためになるような記事を書いて欲しいです。

スポンサーサイト

テレビでも報道

内容からどう判断するかは各自に任せます・・・

神社に殺到するアニメファン
http://jp.youtube.com/watch?v=T_UaWAotLVg

らき☆すた現象の報道(フジ)(アメーバより転載)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm711857


他にもメディアで今回の件が紹介されているモノがあればぜひ紹介ください。報道検証として掲載します。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。